東大大学院・情報学環・中尾彰宏教官のページ

学際理数情報学特論 I (中尾彰宏)

2005年 冬学期 木曜4時限 10月6日開講(予定)

Planetary Scale Ubiquitous Networking

Tentative Schedule


このページは、2005年度の中尾彰宏助教授(情報学環)の「学際理数情報学特論 I」講義用に作成されたものです。リンクおよび使用・転用は事前にメールで中尾教官までお知らせください。なお、このページ以外の講義ページは、アドレス制限をしており、学内からのアクセスのみとなります。自宅からアクセスしたい人はアドレスを中尾教官まで連絡をしてください。

この講義では、いろいろな広域分散システムを調べ、またPlanetLab( www.planet-lab.org, www.planet-lab-jp.org)を使って実際に自分の広域分散サービスを構築することを学びます。世界中のコンピュータを使って、自分のアイデアを実現してみたい学生、面白いことをしてみたい学生や、プログラミングには自信がある学生を歓迎します。また、情報学環以外の学生も自由に参加してください。大学院生だけではなく学部生も聴講して構いません。

This lecture introduces various examples of "wide-area distributed systems". One such example is "the Internet", the largest and the most successful distributed system in the world. For the motivated (well, I expect everybody in the class is motivated :), we will use "PlanetLab" to design and implement our own distributed systems. Via PlanetLab, we can utilize a large number of computers distributed across the world. Those who would like to design his/her own systems of the world-wide scale, those who want to implement something interesting, those who are confident in programming are all welcome. This lecture is open to people in the other departments than III. The lecture will be held in Japanese, but English speakers are also welcome !

Where/When the Class Meets

Syllabus

“Planetary-scale” とは文字通り我々の住む「惑星(地球)全体に及ぶ規模」を意味する。 この講義では、このように世界中に地理的に分散した「あらゆる場所でコミュニケーションを可能 にする(あるいは便利にする)分散システム技術」について学ぶ。
このような広域の通信のための基盤技術およびアプリケーションは、我々の社会生活に非常大 きなインパクトを与える可能性を秘めている。例えば、インターネットは我々の情報の閲覧・収集・ 抽出の方法を大きく変革した地球規模の自律分散通信基盤システムである。また、Skype (http://www.skype.com)はインターネット上に構築された世界中の人々を繋ぐインターネット電話 のアプリケーションである。その他、Peer-to-Peer(P2P)ファイル共有やCDN (Content Delivery Network) も一つの社会現象となるほどの影響を与えた分散システムの例である。これらは、いず れも高いスケーラビリティを実現し広域での利用に耐えられる非常に成功したシステムといえる。 また、現在注目を浴びているユビキタス・コンピューティング(どこでもコンピューティング) にも、このような広域の分散システムが大きな役割を果たすことが期待される。 学期前半は、最近の広域分散システムの文献を読みディスカッションを行うが、学期後半は、個 人またはグループで、プロジェクトを提案しPlanetLab (http://www.planet-lab.org)あるいは Netbed (http://www.emulab.net)を用いてプロトタイプの構築を行うことを目標とする。 PlanetLabは、インターネット上にオーバーレイされた25カ国250カ所に拠点を持つ600台 のPCを繋ぐネットワークで構成された、分散システムのテストベッドであり、自分のアイデアを 世界中の人々に実際に試してもらえる環境でもある。実際に世の中を変えてしまうほどのインパク トのあるアイデアがこの講義を通じて生まれることを期待している。

Schedule

Tentative Schedule

Mailing List

履修する人はメールリストに参加してください。講義の連絡をします。

Links


中尾教官の講義ページに戻る

情報学環のページに戻る